シミウスと口コミについて

 

マッサージ中の「良い痛み」「悪い痛み」とは?

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをする際、痛みを感じることがあります。

 

マッサージ中の痛みの種類は、「良い痛み」と「悪い痛み」の2種類あります。

 

良い痛みの場合は、今まで通りマッサージを続けて頂いて構いません。

 

しかし痛い痛みの場合は、シミウスジェルでのマッサージ方法を変えなければなりません。

 

では良い痛みとは、どんな痛みでしょうか?マッサージをしていると、コリコリとした場所があり、鈍い痛みや、痛いけれど気持ちいいという痛みを感じることがあります。

 

これはその場所が凝っているという疑いがあります。

 

すぐに消えることはありませんが、毎日少しずつマッサージすることで、改善されます。

 

マッサージを通してコリをほぐし、老廃物を流すことで、血行が良くなります。

 

このコリは、まさに肩こりと同じようなものなのです。

 

しかし一つ気を付けなければならないことがあります。

 

それは力を入れてグリグリとマッサージしないということです。

 

力強くマッサージをすると、シミやシワ、たるみを引き起こしてしまいます。

 

毎日地道に、何よりも優しくマッサージすることが大切なのです。

 

一方、悪い痛みとは、どんな痛みなのでしょうか?これには2つの原因が考えられます。

 

1つ目は「ジェルの量が少なすぎるため、摩擦が起きている」からです。

 

摩擦はシミの原因になります。

 

お手入れガイドの適量を参考にして、正しい分量でマッサージを行ってください。

 

また乾燥肌の方は、皮脂量の分泌が多い方や、潤い肌の方よりも摩擦の刺激を受けやすくなっています。

 

乾燥肌の方は、目安よりも多めのジェル使うことをお勧めします。

 

そして2つ目の原因は「力強くマッサージしすぎている」からです。

 

前述のように、力強いマッサージは、様々な肌トラブルを引き起こします。

 

痛気持ちいいという力加減を目安にしましょう。

 

お肌の弱い方は、「痛気持ちいい」よりも力を弱めた「気持ちいい」くらいの加減で、マッサージをしてください。

 

理想のお肌を目指して、頑張りましょうね。

 

 

お肌の美白をサポートする紫根エキス!

 

お肌のケアアイテムにしばしば登場する成分として、紫根(シコン)エキスというものがあります。

 

「シミウスホワイトニングリフトケアジェル」にも、もちろん配合されていますが、一体、どのような効果が期待できる成分なのか。

 

実はこの成分は、お肌にとって大切な働きをしている成分なのです。

 

それは、血行を促進するという働きです。

 

お肌は、一定の周期でターンオーバー(生まれ変わり)を繰り返しています。

 

ターンオーバーが正常に繰り返されれば、お顔にできたシミもターンオーバーとともに排出されていきます。

 

しかし、ターンオーバーが正常に繰り返されなければ、シミのもとであるメラニンはお肌の奥に居続けます。

 

そして、ターンオーバーを正常に繰り返すためには、お肌の各部に酸素と栄養を十分に送り込むことが大切です。

 

そのためにはお肌の血行を良くすることが一番。

 

紫根エキスは、血管を拡張させて血流を促進する働きがあります。

 

だから、お肌のシミ対策として大切な成分なのです。

 

多くのケアアイテムに配合されている紫根エキス。

 

この成分は、お肌の血行を促進し、美白効果をサポートする成分だと言えます。

 

 

シミウスの口コミです。

 

開けてすぐに目につくのがスパチュラです。

 

雑菌がついている指でジャーの中のジェルをすくうと雑菌が移り込んでしまうので、スパチュラを付属して頂けてるのが衛生的にも嬉しいです。

 

スパチュラがついているので、直接ジェルを指ですくわなくて済むので、雑菌も繁殖しなくて済むし衛生的だしで、嬉しい事ばかりですね。

 

実際に目で見るまでは、普通のオールインワンゲルで、トロリとしてユルユルな質感のシミウスホワイトニングリフトケアジェルだと思い込んでいました。

 

ですが、実際目にすると弾力があって固めな感じがします。

 

マッサージしていても、乾いた感じがせず伸びがすごくいいので、途中でジェルを追加することなくマッサージ終了となります。

 

一般のオールインワンジェルを使用していた時に、顔に伸ばしてメイクするとポロポロとカスみたいなものが出てきて、ビックリした経験があります。

 

それほどカスが出てきやすいのですが、シミウスジェルはマッサージジェルですので3分マッサージを続けていても、カスも出ない上に乾いてきて突っ張るような感じにもなりません。

 

マッサージの方法は、シミウスジェル購入時に付属されている「お手入れガイド」に詳しく載っています。

 

このお手入れガイド通りにマッサージしていると、効果が現れてくるのが感じられ徐々に顔の重い感じが取れ、マッサージ終了後鏡を見るとスッキリとした自分の顔が写っていました。

 

顔色もわずかに白くなっていて。

 

シミが取れたとかじゃないのです。

 

たった一回のマッサージでシミが取れるはずないですものね。

 

多分ですが、ジェルの保湿成分の効能で肌が艶っぽくなり、白いように見えるのでしょう。

 

その後、拭き取ることもせずにすぐメイクしてもポロポロとカスも出ないし、ヨレることもありませんでした。

 

早くシミの悩みから解放されたい私には、毎日朝晩2回も使えるのは、ポイントとして大きいですね。

 

晩だけじゃなく、朝お出かけ時のメイク前にも使えるジェルなのです。

 

 

 

かゆみに有効なシミウスの使用方法

 

シミウスのポイントの一つにオールインワンゲルという点があります。

 

しかし、かゆみに対してと特別有効な成分は含まれていません。

 

一般的には肌のかゆみは、乾燥に伴うことが多くなっています。

 

つまり、肌を保湿することでかゆみを防げることが多いのです。

 

その点では、シミウスの保湿効果により肌の乾燥はある程度防げます。

 

しかし、保湿クリームのような保湿に特化した製品の方が、シミウスに比べ成分的に保湿力に優れていることは否定できません。

 

では、なぜシミウスがかゆみに有効といわれるのでしょうか。

 

それはシミウスがマッサージを行いながら使用するという点にあります。

 

シミウスそのものの保湿効果をマッサージによって向上させるのです。

 

マッサージを行うことで、血流が改善され、細胞内への水分の給水が促されます。

 

その効果が保湿効果をより一層高めます。

 

つまり、シミウスをマッサージしながら使用することで、十分に保湿され、かゆみに対しても有効になるのです。

 

 

オールインワンって乾燥しやすいのかな

 

オールインワンジェルは乾燥しやすいと耳にしますが、本当はどうなのでしょう。

 

など、10役も担っている優れたメビウス製薬のシミウスホワイトニングリフトケアジェルです。

 

世間では、オールインワンジェルの特徴として肌が乾燥すると言われています。

 

では、シミウスホワイトニングリフトケアジェルはどうなのでしょう。

 

商品にもよりますので一概には言えませんが、オールインワンジェルが乾燥すると言われているのは、水分が肌に浸透していないためだと考えられます。

 

一般的に使用する化粧品は、化粧水・美容液・乳液・クリームの順番になっていますよね。

 

クリームを最後に使用するのは油分を多く含むため、クリームの後に化粧水を使用しても浸透しないからです。

 

オールインワンジェルは化粧水、乳液、クリームが一緒に入っているので、肌に水分が浸透していく前に含有している油分に蓋をされてしまうため、浸透しきれないことで乾燥しやすくなっていると考えられます。

 

では、シミウスホワイトニングリフトケアジェルはどうなのでしょう。

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルも同じオールインワンジェルですので、同じように乾燥しやすいのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。

 

シミウスジェルは、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタエキス」「シコンエキス」などたくさんの保湿成分を多く含有しています。

 

口コミを見るとわかるように「肌が潤う」「乾燥しない」と言っている方が多くいらっしゃいます。

 

そして、オールインワンジェルにはない、このジェル特有のマッサージができることで血行がよくなり、肌の隅々に保湿や潤い成分が浸透できることに繋がるのです。

 

簡単に言いますと、オールインワンジェルの欠点である乾燥しやすい点をマッサージすることで、補っているということです。

 

ですが、肌の乾燥度合いは人それぞれ違いますので、何をしても乾燥するという方は、ジェルの前に化粧水を使ったりなどのオリジナルな使い方を考えてみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ